TOP > テレナンパマニュアル > 女性を口説く時に大切な会話術

女性を口説く時に大切な会話術

テレクラでナンパする時は女性事をどれだけ想ってあげられているかに尽きます。実際に街でナンパするのとはわけが違い、電話で相手の顔が見えない声だけでやり取りする場。こう言ったら相手はどう思うのかな?と常に相手の考えを先読みしておくことが重要になってきます。

目的、行動を決めてから電話する

女性側の意見を聞くことが第一ですが、万が一女性側が男性に決めてほしいと何を希望を言わなかった場合、お互い会話が詰まいます。

会う前に、

いつ
(今からすぐ?今日の夜?明日?)

どこで
(待ち合わせ場所はどこ?徒歩?車?)

なにをするか
(まずはご飯?ホテル直行?)

この3つを決めてから電話すると、スムーズにナンパ電話することができます。

上から目線&失言は嫌われる

出会う前のはじめての電話では何があっても許されないのが上から目線と失言です。

上からものをいうというのは、相手からすると「今私のこと下に見ているな。」と思わせた時です。特に自分の都合ばかり優先的に言って女性の希望を聞かない場合ですが、

「俺、今日夜勤だからそれまでに会いたいんだよね。もし会えるなら会ってもいいよ」

女性側からすると”あってあげてもいいよ”と聞こえるこの言い回しは気分を害し通話即切りレベルです。

「今日夜勤なんだけど、素敵だからどうしても会いたいんだ。今から時間あったら会えないかな?」

と、まず女性を褒める。そして相手の都合を聞く。これが相手を気持ちよく誘うセリフです。

失言とは、相手が「失礼だな」と思う言葉を浴びた時。女性に年齢を聞いた時に悪気はないけれどワハハッと笑ってしまったり、体型や容姿についてデブ、デカい、など相手のコンプレックスと感じている部分をストレートな言葉で放ってしまうこと。これも即切りされる可能性が高くなります。

「デブ」はぽっちゃり、「デカい」はモデルさんみたい、「ブス」は愛嬌あるね、と言い替えれば相手の女性はお世辞だとわかっていても悪い気分はしません。

相手の女性を気持ちよくさせることが出会いに繋がるポイントの一つ。嫌な思いをさせても何もメリットがありませんので、相手の気持ちを考えながら会話することを心がけるとうまくいきます。

ドタキャンされないための話術

ドタキャンされるのは「この人、いいや」と思わせてしまうから。「いいや」と思わせるのは信頼度が低いからです。

信頼度を短い電話の中で信頼を得るのは至難の業ですが、それでも少しは信頼度を上げることはできます。信頼度を上げることで女性に「この人なら会っても大丈夫だ」と思わせることができ、アポゲットに一歩近づきます。

女性が男性に対して信頼できるかどうかを判断材する料は

男性の具体的にイメージできるかどうか。

体型、顔、住んでいる場所、車、など基本的なプロフィールを具体的に詳しく伝えることで女性はイメージしやくすなり、「こんな人なんだ」と思えるようになります。

押しに弱い部分をつく

女性は総じて押しに弱い傾向があります。これはテレクラでも街角ナンパでも同じ。

出会いで一番出してはいけないのが消極性。もじもじして出会えれば出会いたいけど、、的な態度で接すると頼りない印象を与えるだけでなく、「私じゃなくてもいいのね」と思わせてしまします。

女性は口説けるときに口説かないと他の男性に奪われてしまいます。腹をすかせたライオンがシカを狙うような肉食っぷりを見せて積極的に口説くことが大切です。

この女性以外いないんだ!という危機感と貴重性を意識すれば自然と積極的に口説くセリフがでてくるものです。

好きな女性がいたら周りが見えなくなるくらい夢中になりますよね。あの感覚をイメージしながら接するとうまくいきます。

まとめ

女性を口説くには女性の事を第一に考えること。これを意識していると出会いはグッと近いものになってきます。

普段はドSでも口説く時は相手の女性を尊重してSでもMでもない関係で口説きましょう。




トップ